私の出会った援交娘たち


| 57ページ |

友達の代わりな娘 番外編

数週間後、約束の「タダマン」の日に…ナオからメール(笑)

ナオ「今日は私が相手します…」

へ?また代わりかよ…

つか…あれ?名古屋の彼氏はどうなったの?


とにかく待ち合わせる事に…

ナオ「先日はありがとうございました」

ユキ「こんにちは」


あれ…後ろにあの娘います(笑)

また二人かよ…と思うと娘は二人して

「今日どっちとヤりたいですか?」と…

私一瞬「二人まとめて」

と言いそうになった(笑)


がここはあえて…

ナオは清楚な巨乳娘で素人ぽくてイイ…

ユキは明るくて可愛い…おまけにエッチの声が凄く切なくて…いい…

悩む…


二人「とりあえずホテル連れて行って…」

なんかまた企んでるか…


とにかく3人で入室してもバレないホテルに入る

二人「決まりました?」

私「…とにかくお風呂入ろう…」

二人「はいっ煤v


まず…今回はエッチ抜きで時間を楽しく過ごす事にしました…とりあえずです(笑)

3人全裸で部屋をウロウロする姿は…なんか笑えます

お腹も空いたのでルームサービスをとります

ピザとパスタ…それにアイス3つ

ジュースで乾杯して宴会開始(笑)





ここで名古屋の彼氏の話を聞きます

私「…で?彼氏は?」

ナオ「別れました…それと子供は来週おろします…」

…そっか…

ナオ「私…騙されてました…彼氏は今の女と籍を入れてました…もう笑うしかありません…」

…そっか…

ユキ「でね!お祝いしようっていったらナオが例のお兄さんにお礼しなくちゃ!ってなってね」

…なるほど…

ナオ「あんときにお金もらえたから私は名古屋にいけて現実を見れた…もし行けなくてシングルマザーになっていたらって思うと…」
…なるほど…


一通りの話を聞いて…部屋を真っ暗にして3人一緒に布団に潜り込んで…とにかくモゴモゴとお互い触りまくり(笑)

チンコは誰が触ってる?このマンコは誰の?誰がなめてるの(笑)

この声は誰だよ…

闇鍋状態で遊びました

結局ユキに中出しして、ナオにフェラで口に放出して終わり

二人「また会いましょうね煤v


いや…もう会わないよ

…二人は仲良すぎて自分は邪魔もん

確かにこのままつながりがあれば若い娘とタダマンし放題だろう

でも二人は優しすぎて…自分が逆にそれに付け込んでいるみたい





メールで「さよなら…仲良くね」

返事はありませんでした…


| 57ページ |


もどる~